Dante HC

圧倒的高性能・超多チャンネル

常に革新的かつ最先端の技術を提供するAudinateの伝統は続きます。新たに登場したDante HC™ は、Xilinx™ FPGA上で最大512 x 512の双方向非圧縮リダンダントオーディオチャンネルをサポートし、業務用音響システムの開発において大活躍する高機能のネットワークオーディオ・ソリューションです。Dante HCはAudinateの幅広いオーディオネットワークプラットフォーム製品のラインナップをさらに拡張し、メーカーによるコストパフォーマンスの高い製品の開発をサポートします。

Dante HCはオーディオマトリックスルーターや、大規模な設備における非常用拡声システムおよび大規模DSPなど、多数の入出力が要求される各種業務用音響機器に最適です。

幅広い基本設計をはじめ、Dante HCはDanteを製品にスムーズに導入するのに必要なツールやリソースをすべて備えており、高容量のネットワーク製品、あるいはDanteインターフェイスブレイドを実現します。また、その他の用途として、ブロードキャスティングにおけるリアルタイム ストリーミング、設備音響システム、ライブサウンド、インターコム、またタクシー、バスなどの公共交通機関配備におけるシステムなどがあります。

機能

  • 超高容量:最大512x512の双方向非圧縮オーディオチャンネルをサポート
  • 最大128x128のリダンダント・マルチチャンネルオーディオフロー、最大32TDMライン入出力に対応
  • あらゆるサンプリング周波数に対応:最大512x512チャンネル(44.1/48kHz)、256x256チャンネル(88.2/96kHz)、128x128 チャンネル(176.4/192kHz)
  • 幅広いビットレートをサポート:16, 24, 32-bitに対応
  • チャンネル当たり最大512サンプルのオーディオバッファリング
  • オーディオ伝送規格AES67に対応
  • 1mSec以下のネットワークトランジットレイテンシー
  • 高精度な同期規格により、デバイス間の同期を1 μSec以下の精度で実現
  • 幅広いインターフェイスに対応:SPI、I2C、RS232、さらに設定可能なGPIO
  • 高い安定性:セカンダリーネットワークを介した、誤作動のないリダンダント接続に対応
  • 各種クロックに柔軟に対応:オンボードに高精度のDanteワードクロックを搭載、外部からのワードクロック入力にも対応
  • 強力なオンボードマイクロプロセッサを搭載:CPUを追加することなくローカルコントロールおよびマネージメントを実現
  • プラグ&プレイ: 自動デバイス検出、ワンクリックでのシグナルルーティング、そしてユーザーがエディット可能なデバイスおよびチャンネルラベル
  • 高い互換性:ネットワーク上の他のDanteデバイスと併用可能
  • 柔軟なカスタマイズ:実証済みの強力な開発ツール
  • リアルタイムなシグナルモニタリング:ネットワーク上のあらゆる場所からすべてのチャンネルがモニタリング可能
  • デバイスロック:Dante ControllerよりDante HCを搭載したデバイスのロック・アンロックが可能
  • 充実したサポート:開発プロセスにおいて常にエキスパートがサポート

柔軟を兼ね備えた拡張性

Dante はオーディオおよびITを一元化することで、AES3, TDIF, ADATおよび MADIなどの”Point to Point” 接続が抱える異なる配線の必要性や高コストといったデメリット、制限を受けないシステムを可能にします。Danteにより、オーディオはIPイーサネットパケット上でデジタルオーディオに変換され、 IPネットワーク上でのソフトウェアによるシグナルルーティングが実現します。コンピューターと単一のデバイスのペアから、数千ものオーディオチャンネルを持つ大容量ネットワークまで対応、システムの拡張や縮小も自在です。 また、重量のある高価なアナログケーブルやマルチコアケーブルを排し、シンプルで軽量、そして低価格で手に入りやすいCAT5eやCAT6ケーブル、あるいは光ファイバーなど、一本のケーブルがそれらにとって替わります。また、標準的な単一のIP ネットワーク上に、システム全てのオーディオメディア、およびコントロールを収容することが可能です。

シンプルなシグナルルーティング

高容量だからといって、とても複雑というわけではありません。Dante におけるオーディオのルーティングおよびデバイスコンフィギュレーション(設定)は、フリーソフトであるDante Controllerにより、エンドポイント(末端)のデバイスを数秒のうちに自動で探索し、クリックひとつでエンドポイントのデバイス間のルーティング行えるなど、信じられないほど簡単、そしてシンプルなものになっています。Dante は “Point to Point” 接続の代わりに、ロジカル・ルーティングを行うため、いつでも数回のクリックで拡張・再構成が可能です。また、Dante Controllerの機能は単なる設定・ルーティングマトリックスのみではありません。デバイスレベルのレイテンシーおよびクロックスタビリティ、マルチキャスト帯域使用状況、そしてカスタマイズされたイベントログなど、Dante ControllerはDanteを使用する上で欠かせないデバイスステータス、および強力なリアルタイムネットワークモニタリングを提供し、ネットワークにおけるトラブルを素早く特定し、解決することができます。プリセットを利用することにより、Danteネットワーク設定のバックアップ、復元、移動、そして設定の呼び出しを素早く簡単に行うことができ、さらにルーティングはオフラインで編集することもできます。

グリッチフリー・リダンダンシー

多くの大規模は設備では高い安定性も要求されます。Dante独自の高いネットワーク技術は、物理的に分離されたプライマリーおよびセカンダリー各ネットワークが同一のオーディオシグナルを受け持つことを可能にしました。プライマリーネットワークで問題が発生した場合、オーディオシグナルはセカンダリーネットワークを通じてエンドポイントのデバイスまで送られることにより、中断やグリッチ(不具合)のない切り替えを可能にします。この確かなリダンダンシーは、音声が途切れてはならないライブサウンドや非常時の公共アナウンスシステムなど、メーカーによる高容量かつ安定した製品、システムの構築をサポートします。Dante HCは最先端のDanteラインナップの新たなヘビーウェイト級チャンピオンとして、コンパクトなデザインながら驚くほどのパワー、機能そして柔軟性を提供します。詳細は sales@audinate.com にお問い合わせください。

データシートのダウンロード:

› Dante は統合、インストールが簡単かつ使いやすくできております。 Dante により、単一、標準 IP ネットワーク上でシステム全体のためのメディアと管理が統合されます。

Contact Sales

For Technical Support please click here or contact the audio equipment manufacturer directly.